プロフィール

須野 語

Author:須野 語
自由を尊ぶ自由人です。
好き勝手な内容を書く予定ですが、政治的な話も増えると思います。

コメント・トラックバックは、当方の独断と偏見により対応します。

メール:sunokataru◎gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この関連はこれで終わりにします。

前回のエントリが、この弱小ブログにしては反響がとても大きかった。

ただ、反響の大きさに喜ぶというよりは、「どうしてこうなっちゃうんだ?」という気持ちが強い。(追記:ただ、短い時間ながらネットを巡ってみて、<エセ科学>の問題を非常に問題視している方が多いということが分かった。私の方が少々軽く考えていたようだ。)

私はエセ科学に対して批判的な立場だ。前回のエントリのタイトルがいけなかったかもしれないが、エセ科学の蔓延には問題があるだろう。

しかし、それを誰が言っているのか、どの文脈で言っているのか、なにを目的に言っているのか、ということをきちんとわきまえる必要もあると思う。(追記:特に政治関係の発言でならそうである。レトリックとして使われているだけなら、極端に目くじら立てる必要はあるのかどうか…。この点はいまだ整理できていない。)
前回「学級委員たち」に限定して言ったのは、そういう点を踏まえていないと感じられたからである。結局、罵詈雑言・内部分裂・相互不信になり、共通の敵への対処が不可能になると思ったからである。同趣旨のことを以前にも書いたが、結局は敵を利するだけになるのだ。

つまりは何が「敵」なのか、の認識の違いが現れただけなのではないだろうか。<土俵が違う>だけなのだろうと思う。

もう、この問題に関してはこれっきりです。とにかく疲れます。はっきり言って無駄な消耗戦に過ぎません(追記:「無駄」というのは内容の問題ではない。政治的発言という趣旨からすれば重きを置けないというほどの意味である。)。
スポンサーサイト

<< 神奈川県知事に注意すべし! | ホーム | エセ科学? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。