プロフィール

須野 語

Author:須野 語
自由を尊ぶ自由人です。
好き勝手な内容を書く予定ですが、政治的な話も増えると思います。

コメント・トラックバックは、当方の独断と偏見により対応します。

メール:sunokataru◎gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島耕作は松下工作員

 今日(8/27)の日経朝刊に弘兼氏のインタビューが載っている。
 
 中身はどうでもいい。相変わらずの説教で、ほとんど無内容だ。

 それよりも経歴に引っかかった。
「早大を卒業後、松下電器産業を経て…」とある。

 この「松下」はやはり問題だ。

 民主党の問題児、前原誠司は「松下政経塾」出身。石原極右知事のお友達で、神奈川県知事の松沢成文も同塾出身。(民主党出身だが。。。)
 他に、松原仁、野田佳彦(民主)、高市早苗(自民)、中田宏(横浜市長)等の有名どころが同塾の出身者でいる。

 この塾でやっているのは、単純に言えば「気合と根性」を養うこと。茅ヶ崎から三浦半島の先まで歩いたりね。
 それ自体が無意味とは言わないが、それ以外の、論理性とか、統計から政策を導き出すとか、体系的な歴史とか、現代のオピニオンリーダーとして最低限身につけておくべき教養をほとんど学んでいない。(要するに、国際的には「バカ」)
 これには、設立者の松下幸之助の考え方が今でも強く及んでいるようだ。

 もともと松下幸之助は学がない。もちろんなくてもいいのだが、それがいわゆる「エセ右翼的思想」に近づいていくのはなぜなのだろう?天皇大好き、明治以降の大日本帝国大好き、人権嫌い、日本国憲法嫌い。。。

 塾だけではなく、松下は、PHP研究所をかかえて、「月間PHP」「VOICE」「歴史街道」とかのゲテモノ右翼雑誌を出版し、渡部昇一などをよく使い、右翼思想の普及に努めている。果ては「山本七平賞」などという恥ずかしい賞までつくっている。

 今では、松下幸之助・山本七平・渡部昇一、と並べれば、これは特定の思想に偏向していると考えて問題なかろう。松下は宗教法人に限りなく近い<傾向団体>といえるのだ。
 松下の理想は、「すべての家の電化製品をすべて松下製にすることだ」とどこかで聞いた覚えがある。電化の世界では「マネシタ電器」といわれているが、意に介すそぶりはない。つまりは、思想の世界においても、「すべての日本人の精神はすべて松下製にする」つもりなのではないだろうか。

 さて、漫画家弘兼は、松下に入ってから染まったのか、それ以前から染まっていたのかはわからないが、マンガの一般的影響力の大きさを考えると、この男を放っておくわけにはいかないと思う。島工作、もとい、耕作も工作活動がらくなように出世したしね。


スポンサーサイト

<< やはり死刑制度はなくすべき | ホーム | 弘兼氏のシビリアンコントロール論 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。