プロフィール

須野 語

Author:須野 語
自由を尊ぶ自由人です。
好き勝手な内容を書く予定ですが、政治的な話も増えると思います。

コメント・トラックバックは、当方の独断と偏見により対応します。

メール:sunokataru◎gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮沢喜一元首相逝去

 宮沢喜一元首相が逝った。
 ご冥福をお祈りしたい。

 各紙をみると、宮沢氏は護憲派の代表だったように書かれている。確かにその面もあったとは思うが、自衛隊の海外派遣に先鞭をつけたPKO法成立時の首相であったことが皮肉だ。
 真の護憲派なら、どうしてそれに対抗できなかったのか、堰を切ってしまうととめどなくあふれ出てしまう日本人の性癖を十分にご存知だったはずなのに。。。

 また、積極財政論者で、借金に借金を重ねる愚を繰り返し、現在の大借金国の不名誉な礎を築いた人でもある。

 そして、噂だが、東大法学部卒以外の人間を「人」と認めない傲慢さも有していたらしい。

 にしても、現在の首相よりは圧倒的にまし。少なくとも知能レベルは相当の違いがあろうし、人の心も(たとえ傲慢さがあっても)現首相よりは圧倒的に有していたと思われる。

 再度、ご冥福をお祈りする。

 しかし、である。
 
 かつて中曽根後を争ったいわゆる「ニューリーダー」の3人(竹下・安倍・宮沢)が全員亡くなったのに、未だに中曽根が健在であることに驚く。
 全くもって科学的な話ではないが、それをよく言えば<生命力旺盛>、悪く言えば<魂を吸い取る>ということだろう。

 しかし、こういうことは私の周りを見渡しても往々にしてあるのだ。

 ワンマン社長が90近くまで生き、その周りにいた副社長や専務などは50台~60台前半で死亡してしてしまう事例である。
 尊敬する大先輩がその神話を信じていて、「オレはあの人の近くに行きたくない。」と言っていた。その人は残念ながら(?)優秀だったので、取締役に抜擢された。
 <しかし>と言うべきか、<必然的に>と言うべきか、その人は病気になり退職を余儀なくされた。そして、ほぼ同時に副社長が亡くなった。社長本人はすこぶる元気であったのだが。。。

 繰り返すが、科学的な話ではない。むしろオカルトチックで、眉唾ものの話だろう。

 しかし、私は結構信じているのだ。

「悪魔に近づくな」と。

 日本は今、悪魔に近づきすぎていないだろうか。
 もちろん、あの男のことである。

スポンサーサイト

<< 社会保険庁の「システム」に騙されてはいけない!-その2- | ホーム | 社会保険庁の「システム」に騙されてはいけない。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。