プロフィール

須野 語

Author:須野 語
自由を尊ぶ自由人です。
好き勝手な内容を書く予定ですが、政治的な話も増えると思います。

コメント・トラックバックは、当方の独断と偏見により対応します。

メール:sunokataru◎gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県知事(松沢成文)に注意すべし!【その3】

松沢さん、立て続けにやってくれる。

日本史 神奈川が必修化 全国初 県立高、13年度から(東京新聞)

日本史の必修化自体が悪いとは思わない。私が高校生のころは必修だった(はず)。しかし、この男のコメントを読むと、まずかろうと思う。


松沢成文・神奈川県知事の話 
以前から若い人には、自国の歴史をしっかり学んでほしいという願いを持っていた。県教委の判断は大変すばらしく、必修化によって日本人としての愛国心や、神奈川県民としての郷土愛がはぐくまれてくることを期待している。



本性がでたね。「愛国心」だよ。ホントにファッショなやつだ。

ちなみに、この男に関してこんな記事があった。



「禁止」が目立つ

「多選禁止条例」「公共的施設禁煙条例」に続き、地球温暖化対策推進条例にも白熱電球の「販売禁止」を盛り込むことを検討しているという。県の施策には「禁止」が目立つが、先月22日の松沢成文知事の記者会見で、その理由を垣間見た。

国歌斉唱時に起立しなかった教職員の氏名収集問題に絡み、県個人情報保護審議会の答申に行政側が従わないことについて問われた知事は「(条例で)『従わなければならない』となっていない以上、従わないことも可能性としてある」と述べた。要するに「禁止されていないのだから、やってもいい」という論理である。

だから県民にも次々と「禁止」を打ち出すのだろう。しかし、環境問題などは県民による自主的な取り組みも多く、規制が必要だろうかと思う。「そんな法律あるんですか?」は、先生に注意された子供が吐くセリフだが、県民は子供ばかりじゃないし、行政は県民の先生でもない。

(2008/2/14 毎日新聞神奈川版 山下修毅記者)



<禁止されていなければ何をやってもよい。>と考えるのは、「自由」というものを完全に履き違えた発想だ。しかし、松沢知事は明らかにこの履き違え(の対偶)から発想している。

<やっていけないことは禁止されている。だからやっていけないと(自分が考えることは)禁止してしまえばいい。世の中は禁止しなければいけないのに禁止してないことが多すぎる。だから多数決で正しく禁止する。>

右翼的な方々には分かりやすい論理なのだろうが、ちょっとでも憲法や歴史を勉強した者ならば一番いけない考え方だと分かる。多数決であれば何でも決められるというわけではないのだ。多数決であれば正しいわけでもないのだ。ヒトラーは選挙で選ばれたのだということを考えれば分かるはず。

そういえば松沢も選挙で選ばれてんだっけか…。

とりあえず続く。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。