プロフィール

須野 語

Author:須野 語
自由を尊ぶ自由人です。
好き勝手な内容を書く予定ですが、政治的な話も増えると思います。

コメント・トラックバックは、当方の独断と偏見により対応します。

メール:sunokataru◎gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!全国初の禁煙条例

禁煙条例:神奈川県議会が可決 10年4月施行(毎日新聞)

ホントは受動喫煙防止条例なんですけどね。>毎日さん

当初の全面禁煙からものすごく後退しているけど、
それでも「全国初」だから知事閣下はさぞかしお喜びでしょうw

多選禁止条例(まだ施行されていない)といい、禁煙条例といい、
ほとんど意味のないものを制定してなにが楽しいんだか。

こんな男を知事にしていることが税金の使い道として妥当か、
神奈川県民もよく考えた方がいいと思いますよ。
スポンサーサイト

受動喫煙防止条例?7割を見逃して何が?

まぁ、予想通りというべきでしょうね。禁煙条例、おっと、受動喫煙防止条例ですかw

全面禁煙から大幅後退 神奈川県の受動喫煙防止条例素案(朝日新聞)

神奈川県知事 松沢成文。この男がやることはとにかく胡散臭い。

何でもイチバンの幼児発想しかできない男だ。
絶対に信用してはいけません。
何よりも頭が悪い(としか思えない)のに、馬鹿なことを平気でやるのだ。

インベスト神奈川などという政策を実施して大企業に金をばらまくというアホなことをやっている。
もともと税収を上げるための政策だが、結局お金が足りなくなった。

11万人もの個人情報が流出したのに発表を遅らせた。
(教育委員会の話だが、知事が絡んでないとは言えない)

まだある。この男は小泉純一郎と共著まで出している。
イケイケドンドンの無責任体質を持っていると言えるだろう。

ま、話が広がりすぎると困るので絞るが、
タバコの害をまともに考えているならまず路上喫煙防止条例からだったねぇ。
収入も上がるし(千代田区では1億円を超えたらしい)、
都道府県レベルでは多分、知事閣下の大好きな「初」だったろうに。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

禁煙条例にお仲間も反対

喫煙防止条例案:中田・横浜市長、横浜と他地域の違いに配慮を

まぁ、当然の反応ですね。

断っておきますが、副流煙の害に無頓着ではありません。私はたばこの煙は大嫌いです。

ですが、松沢が推進しているという段階で相当うさんくさい。お仲間と目される中田君にもクエスチョンマークをつけられてしまったことは重要。
そもそも分煙を進めるなんてのは「健康増進法」にすでに書いてある。結局はものすごく後退して、できるところは分煙をするべき、程度の条例になりそうですね。

ま、知事の任期を3期に限るなんて条例と同じで、所詮、松沢のパフォーマンスですからw

部下を管理ではなく、監視する知事

またこういうことをよく思いつくな。

橋下・大阪府知事:廃止方針の府立文学館を「隠し撮り」 「仕事ぶりチェック」

「卑怯」という言葉をしらんのかね?この人。
弁護士をやっていたのだから、違法収集証拠排除とかを学んでいないはずはないのだが。
もちろん、これが即違法とはならないだろうが、すくなくとも手続の正当さを疑う必要はあるだろう。

監視社会の発展形態ですな。もちろん悪い意味でね。
これは物議をかもして欲しいな。
かもさなければ、危険な方向にどんどん向かっている証拠になると思う。

社会保険庁の「システム」に騙されてはいけない!【その4】

 更新が久しぶりになってしまった。

 さて、参議院議員選挙まで1週間を切った。各新聞の調査を見ても今回は自民党が負けそうな状況だ。40議席に届かないボロ負けの可能性もある。いいことだ。

 ただ、民主党が勝ったとしても政権は移らないし、移ったとしても今の民主党はすぐに自民党と手を組みそうなので安心できない。何より、官僚のやることがまったく信用できないのに、どの政党も官僚を頼りにせざるを得ないところが情けない。

 ここで書いている「システム」の話についてはどこが政権をとっても状況は変わらない。信用できない官僚たちの問題だからだ。

 さて、このブログで書こうと思っていたことと、ほぼ一致する内容を「日本のお役所システムは無駄だらけ」というエントリーで大前研一氏が書かれている。
 
 これでこのブログで書くことがなくなってしまった。。。。。わけではない。

 大前氏のエントリーで示されているソリューションも一つの手であろう。いや、もし実現したら大変有効なものであろう。。

 ただ、官僚・役人、そして社会・政治システムの現状からすれば、簡単には実現しないだろうとも思う(時間的な問題ではない)。
 私は、時間はかかるが、官僚・役人の情報システムリテラシーを向上させることは、少なくともシステムの問題については、解決に必ず必要なことだと思っている。たとえ大前氏の提示するソリューションが採用されたとしても、である。
 スケールは小さくなるが、その方法を提示できたら、と思っている。(うーん、できるかなぁ。。。)

 とりあえず、今回はこんなところで。
(更新がトロくてすみません。。。)

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。