プロフィール

須野 語

Author:須野 語
自由を尊ぶ自由人です。
好き勝手な内容を書く予定ですが、政治的な話も増えると思います。

コメント・トラックバックは、当方の独断と偏見により対応します。

メール:sunokataru◎gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み間違えを狙っているのか?

テニス好きだったなぁ、昔は。
今はニュースで見るだけです。

で、

「ナダルぶっつぶしたフェデラー6連覇」(スポーツニッポン7月8日)

ずいぶんと日にちがたったので、書いてみましたが、
これを読んでナダルとフェデラーのどちらが優勝したとお思いますか?

知ってる人は簡単でしょうけど、この見出しだけ見て確実にどっち、とわかる人はいないでしょうね。

■ナダル<が>ぶっつぶしたフェデラー<の>6連覇

■ナダル<を>ぶっつぶしたフェデラー<が>6連覇

このどちらにも読めますから。

スポーツ紙の見出しって、誤読を狙ってるのかな?
どちらかのファンなら自分の都合のいいほうに読むでしょうから。
事前の情報なしにどちらかに読めてしまう人は、自分の都合のいい方に読むバイアスがあるといえます。スポーツ紙の誤読ならまだしも、仕事とかではまずいですよね。自戒をこめて。


さて、本当はどちらが勝ったのでしょうか?
スポンサーサイト

丸元淑夫氏、逝去

 丸元淑夫さんが亡くなった。

丸元淑夫氏死去(作家、料理研究家) 時事通信

 私にとっては、10数年前に独立してからずっと料理の(片面的な)師匠だった方だ。

 つい先日の日経新聞に、油の種類と使い分けについての記事が出ていたが、丸元氏の著書を読んでいた者にとっては「何を今さら…」というたぐいの内容だった。

 私は、ケガはするが病気らしい病気をしたことがない。特に独立してからはそうだ。
 それまでは専業主婦かつ栄養士だった母の食事をとっていれば健康でいられた。しかし、独立するとなると自分で作らざるをえない。毎日カップラーメンではまずかろうというのは、いくらアホな私でも容易に想像できた。
 では何を食べるべばよいのか?それに関する体系的な知識はまったくなかった。

 ネットもなかった当時にその答えを教えてくれるのは料理本だけだ。
 しかし、綺麗な装丁で綺麗な料理を載せるお嬢様向け(?)の料理本は巷にたくさんあったが、働く人間の食事という観点、栄養学的な観点で書かれた実用的料理本は皆無と言ってよかった。

 そういう中で、丸元さんの書かれた料理本は、まさに救いであった。氏の本を理解し、実践することにより、体系的かつ実践的な栄養学が身につけられたし、現在の丈夫な身体を維持することができている。実際、私は風邪ひとつひかないし、食べられないものもほとんど無い(グロ系以外はOK)。

 日本においては、ダイエットのための<カロリー栄養学>が主流であって、栄養素を採ることが食事の意味であり、何の栄養素をどれだけ採るべきかを教えることが栄養学の存在価値であるという視点がなかなか普及しなかった。そんな状況に警鐘をならし、<正しい食事>を一般の家庭に対して丁寧に説明し続けた氏の功績はいくら賛美してもしすぎることはないであろう。

 また、共働き家庭が増え、日に三食を正しく採れない状況になったならば、まずもってサプリメントを導入すべき、との考えも理にかなっていた。正しくサプリメントを採るためには、どの栄養が足りないかを知る必要があり、逆にどの料理にはどの栄養があるのかが理解されていなければならない。つまり、毎日料理を作れない家庭にこそ栄養学を勉強する必要があるのだ、ということをサプリメントを通して理解させてくれたといえるのだ。
 
 身体のための料理、家族のための料理という考えが、氏の料理には貫かれていた。

 一部、氏をカルト扱いする向きもあるようだ。
 確かに、風邪はビタミンCの大量摂取で治るとか(これはノーベル化学賞学者のポーリング博士の説に従っていた)、あるいは、生魚のスープをおいしくないと感じたらそれは味覚が壊れていると断定するなど、トンデモ系の話も無くはない。

 しかし、それらを含めても、日本における正しい栄養学普及の第一人者であったと考えるのが妥当だろう。氏がいなければ、一般社会の常識としての栄養学は、いつまでたっても<カロリー栄養学>から抜けられなかったのではないだろうか。その意味では、料理研究家というよりも、栄養の点で社会に警鐘を鳴らす<栄養ジャーナリスト>に近かったのではないかと思う。

 氏は亡くなっても、その考え方の基本を身につけた弟子は(たとえ片面的であっても)日本中にたくさんいる思う。氏の撒いた種はちゃんと育っていると思いたい。

 「心配しなくていいですよ」と申し上げたかった。

 心より、ご冥福をお祈りする。


 さて、しばらくは追悼の意を込めて、丸元レシピを思い出しつつ作ってみようと思う。

亀田ねぇ…

最近、仕事であるイベントにかかわっていて、なかなかブログ更新ができない。相変わらず、書きたいことはたくさんあるのだが…。


そんな状況でも、亀田家次男の件について、もうあっちこっちで言われているが、私もちょっと。


 一般論はともかく、今回のことで許せないのは、父親の悪性格だ。
 この男は、切腹のことを今回こう言っている。



合前の大毅の「切腹」発言に関しては「本人は試合にかける意気込みのつもりで言ったが、表現の方法が間違っていた。18歳という若さが出てしまった。これは自分も大毅も反省している」と素直に謝罪の意を示した。(デイリースポーツより)
http://www.daily.co.jp/ring/2007/10/17/0000700105.shtml


 オイ!ちょっと待て!

 試合前の会見で、次男は内藤に対しても「お前はどうするんだ?」と偉そうにふっかけているんだぞ。内藤が「俺はやらない」と答えたら「根性ねえな」と(たぶん長男が)挑発しているのだ。
 「切腹」という発言は「負けたら切腹する覚悟で試合に臨みます。」というような、「気概」を表す文脈でなされたものではないのだ。
 万が一でも(それこそTBSアナウンサーがいう「流血TKO」でも)内藤が負けていたら、必ずこの父親は言っただろう。たとえ内藤が事前に「やらない」と言っていても。

「腹切れや!おらぁ!」

 自分の使う言い訳や理由を人には絶対に使わせない。挙句の果てに、このようなウソ・誤魔化しがこの期に及んでも平気でできるところをみると、この男は社会人として完全に終わっている。人格破綻者だ。

 今後悲惨な人生になったとしても、まったく同情する気にはなれないな。
 それこそ、「自己責任」だろう。
 ただ、巻き込まれた子供にはほんのちょっと同情するが。

はじめまして

はじめまして。須野 語と申します。

このブログでは、日々の雑感を記して行こうと考えています。
ただ、とってもズボラな性格なので、毎日更新は「ありえね~」です。

とりあえず挨拶だけですが、よろしくお願いします。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。